• ホーム
  • 病院で処方されるバイアグラの安全性と価格

病院で処方されるバイアグラの安全性と価格

カプセルと葉

病院で処方されるバイアグラは本物であり、偽薬は含まれていません。
個人輸入の場合ですと、購入した商品が偽薬かどうか不安になる方が多いでしょうが、病院ならば心配は無用です。
用量は日本人に合わせた25mgと50mgの2種類です。
100mgに関しては日本では処方されていません。

一般的に利用されている用量は50mgです。
50mgの場合、2分割して2回分として使用することも可能だからです。
勃起不全がそれほど重症でなければ、25mgでも十分な効果を発揮してくれます。

価格の相場は50mgで1,200円~2,000円くらいです。
病院により差があり、一般的な相場は1,500円くらいです。
個人輸入の通販サイトで購入する場合は、少し割高で1,800円~2,000円程度となります。
個人輸入はED治療薬を安く入手できる方法として知られていますが、正規品に関しては送料がかかる分だけ割高になっているのです。
格安価格で販売しているのは、ジェネリックに限られます。
インド製のジェネリックは特に安く、バイアグラの場合だと200円を下回る価格で販売されています。
ただし、個人輸入の場合は100%安全とは言えないため、安全性を重視する方は病院で処方を受けるべきでしょう。

病院で処方されるバイアグラは、医師の判断で処方するものです。
患者の健康状態、持病、服用中の薬などを考慮して適切なED治療薬を処方してくれます。
個人輸入の場合は、医師に相談して入手するわけにはいきません。
日本では取り扱っていない薬に関しては、医師も指示やアドバイスはできないのです。
現在において、100%安全なバイアグラを入手する方法は医療機関で処方を受けるしかないのです。